お料理

松葉かに

冬の日本海を代表する、まさに『味覚の王様』。 漁は十一月初旬に解禁となり、 翌年三月中旬(雌の親蟹は一月五日頃)で終了します。 地元日本海で水揚げされた活松葉蟹には、 漁港名、蟹の呼名や漁船名などが刻まれた プラスチックのタグがつけられます。 当館では境港(さかいみなと)、賀露(かろ) そして鳥取港で水揚げされた蟹を使用。 山陰の雪にも似て、繊細で淡白、ほのかな甘味が とろける味わいは、私達を魅了してやみません。

炭火焼き
新鮮な生の美味しい蟹は焼き蟹で召し上がっていただきたい。
最初に強火で蟹の両面をサッと焼くと蟹身の旨みが閉じ込められ、香ばしく甘みも増します。
焼きすぎないようにするのがポイントで、蟹の身から水泡がぷつっぷつっと弾けだしたらもう食べ頃です。ジューシーで熱々の身をご堪能ください。
甲羅焼き
本当に美味しい食べ方を知っている蟹漁の漁師さん達が食べていた料理、蟹みそ甲羅焼き。炭火で焼いて熱いうちに味わって頂きたい絶品の味です。濃厚な味わいの蟹みそはこの時期にしか味わえない贅沢な逸品。熱いうちにどうぞ。

そして、しめには蟹の甲羅酒。甲羅から蟹の旨味や風味が溶け出し、これまた格別です。普段に日本酒はそれほど・・とおっしゃる方にも是非その味をご堪能いただきたい味わいです。
蟹クリームスープ
鳥取県新名物料理 大賞蟹のうまみが広がる「蟹のクリームスープ」。
料理長が京都まで修行に行き習得した、万翆楼でしか味わえない
オリジナルスープです。
蟹と器におさまっている”もさ海老”は、他の海老に比べて活きがよく鮮度を保つことが大変難しいため、地元でしかあまり知られていない希少な幻のえびと言われる山陰の名物です。
是非こ鳥取の最高ランクの味をご堪能ください。
お造り
甲羅をはずして冷たい水にさらし、
ふっくらと花が開いたような蟹のお造り。
日本海の荒波に鍛えられて引き締まった蟹の身は
淡白な味わいでありながら、旨みがぎゅっと詰まっています。

蟹が楽しめるプランはこちら

お食事処のご案内

個別料亭 花筏(はないかだ)

花筏 日本建築の粋を凝らした 無比の空間で極上の食を。

日本建築の父とも仰がれる山本カツ先生の設計による純和風の情緒溢れる個室料亭でございます。
京の御茶屋の雰囲気をそのままに、ゆったりとしたプライベート時間を守ります。

花筏 詳細はこちら

翡翆桟敷(かわせみさじき)

翡翆桟敷(かわせみさじき) 伝統と枠にとらわれない 新しいスタイルの融合

黒を基調に洗練された和モダンダイニング。
トーンを下げた照明に照らしだされた空間にて大切な方との特別なひと時を心温かく演出いたします。

翡翆桟敷(かわせみさじき) 詳細はこちら

ページトップ